エッセイ

Essay

docodemodoor

押入れで見た「どこでもドア」

私は、2LDKの狭い住宅に住む五人家族の末っ子として生まれた。 家の中には鍵付きのドアや厚い壁に囲まれた部屋はなく、薄い障子をスライドして部屋の間取りを作った昭和なレイアウトだった。そんな狭い家に、父、母、長男、次男、私、途中から犬が2匹加わって住んでいたことがいまだに信じられない時がある。 小学校に通い出し、友達の家...
worry-theater

心配劇場の的外れなヒロイン

先日、独り住まいの父の自宅に親戚が遊びにやってきたらしい。 父は未だ68歳だが、癌の後遺症もあって、家の中をゆっくり歩くのがやっとなぐらいの健康状態だ。それでも不満も言わず、マイペースに家でテレビを見ながらお酒とタバコを嗜み、毎日瞑想するかのように生きている。 そんな父は、あまり長く会話したり、誰かと一緒に長時間過ごす...
untraveling-traveler-friday

旅をしていない旅人の金曜午後

三月に入ってからずっと大阪に引きこもっている。もちろん外には行くけど、今はあまり働いてないということもあって、貯金ではなく預金を大切にするために自宅で質素な生活を心がけている。まぁなるべく自炊して自転車に乗るという程度だけど。 パンデミックの最中、ブルネイ共和国から帰ってきたのが2020年3月だったので、もう一年以上海...