治安も物価も最悪か!サンフランシスコに上陸

治安も物価も最悪か!サンフランシスコに上陸

毎度おなじみの愛です!

サンフランシスコといえばこの歌ですよね〜

フォレスト・ガンプの中盤で流れるこの曲は、ベトナム戦争後に「武器ではなく花を」をスローガンに活動した背景を歌ってる曲だそうです。

子供の頃から数々の感動と名シーンを未だ心に刻み続けてくれているこの映画は、私がアメリカ横断したいと夢みるきっかけになった映画の1つでもあります。

さぁ、ロサンゼルス国際空港を経由して無事サンフランシスコに上陸しました!

第一印象は「うん、街だな」です。

expensive-sanfrancisco

ここサンフランシスコはアメリカで一番物価が高い都市と言われています。

expensive-sanfrancisco

でも納得!市街のホテルは1万円/日が妥当。

交通の不便なところやAirbnbを使うとしても最低3000円/日ぐらいはする。

私はサンフランシスコ市街から20kmほど離れたオークランドにあるドミトリーを予約したんやけど、それでも一泊2500円しました。

数ヶ月前はアジアを放浪してたから、物価が余計に高く感じるわ(泣)

しかもこのオークランドという街ね、、、

治安が悪いことで有名だそうです
(↑予約してから知った)

確かに、、、駅から宿まで歩いていると急に黒人さんが後ろから大声で叫んできたり、窓ガラスを割られた車も初日に2台ぐらい見た…(怖)

よし決めた!夜は絶対出歩かないぞ(゚Д゚;)震

サンフランシスコに限らず、物価が安くないアメリカを長く放浪するためにはいかに宿泊費を抑えるかがポイントになってくる。

そんな時に便利なのがCouchSurfingというアプリ。

カウチサーフィンは「世界で一番大きなホスピタリティーエクスチェンジネットワーク」と公式に説明されているのですが、わたしの言葉で解説すると無料で家に泊めてもらえるアプリです。

もっと簡単にいうと旅人による出逢い系アプリのような感じですが、宿代がタダになるなら躊躇してられません!

早速登録&プロフィールを設定して、サンフランシスコで泊めてくれそうなホストさんを探してみると、結構多くのホストオファーやレスポンスが来てびっくり!

ただ、使っていく中でバカな私でも気付いたことがありまして、、、

カウチサーフィンはセックス目当てのホストが本当に多い

expensive-sanfrancisco

私が実際にやりとりしたメッセージの内容を赤裸々に紹介すると、、、

ホストA
「実家だから俺のベッドで一緒に寝よう!」


「いや、そこ親理由にするとこちゃうから!」

ホストB
「空港まで迎えにいってあげるよ!その後一緒にヌーディストビーチに行かないかい?」


「綺麗なビーチで脱ぎたくなる気持ちはわかる!けど初対面のあんたとは行きたくない!」

みんな覚えときや「これが無料宿泊の裏側」ってことを。

カウチサーフィンを一通り使ってみた感想は、都会は特に変な人が多いということ。

これが自然豊かな都市になると、純粋に旅人を受け入れたいと思ってる優しいホストさんが多いのも事実。

カウチサーフィンで良いホストさんを直感的に選ぶのは、ある意味至難の技でもあるんだよ〜。

ということで、わたしはサンフランシスコでは良いホストさんに巡り逢うことはできませんでした。

好きでもない人とセックスしたくないもん!ドミトリーの二段ベッドでいい!(・ε・`)

オークランドの宿に戻ると、今日は小さい黒人のおっちゃんと相部屋でした。

あ、男女混合なんやここ(笑)

最初ちょっと警戒しちゃって大事な荷物だけ布団の下に全部隠したけど、ちょっと喋ってみたらシャイで優しそうないいおっちゃんやった。

他の部屋には黒人の女の人も何人かいたので「洗濯機の使い方教えてください」というと、大きな目でギョロリって無言で立ち上がってそのまま洗濯機の前に案内され、びっくりするくらい丁寧に教えてくれた(神)

ほんまに予測できひんことばっかりでおもしろい。

旅っておもしろいね。

(つづく)

About Me

AI
名前や概念に囚われず、ただ在るがままで良いんじゃないかというところに行きつき「名もなき旅」というブログにしました。地球を気ままに旅しながら出逢った経験と培った想い、雑多な社会の中で見つけた揺るぎなきものを中心に、わりと深く丁寧に描き留めてます。自己紹介ページは特に設けてませんが「宇宙人・イルカ・小惑星みたいな子」と呼ばれることが多い人間です。皆様のハートに何か温かいものが届いたら幸せでごじゃる。
Follow :