ジャイサルメールの砂漠でキャンプしてきた

ジャイサルメールの砂漠でキャンプしてきた

うわ〜!めちゃくちゃ久しぶりのブログ。

さぁ、たまりにたまったネタと写真があるけどなにから書こう(笑)

えっとまず11月12日は新月で、インドではデワリとゆう長いお正月休みがありました。

街のところどころで花火があがったり、バクチクが爆発したり、ナイアガラの滝みたいなイルミネーションがたくさん点灯して、たくさんのインド版お正月アイテムがお店に並びます。

そのデワリの大型連休を使って、私は4泊5日で旅に出ていました。

実は行く前までは結構不安で仕方なかったんです。

一緒に旅するメンバーと全然打ち解けてなかったから。

今年29歳になったわたしと今回一緒に旅をするメンバーはなんと全員大学生メンズ。

どうやって打ち解けていいのか全然わからなかった私はもう人見知り勃発。

なにを話していいのかもわからんかった。

だけどね、、、

もう結果から言っていい?

この旅がめちゃくちゃ楽しかったんだ

jaisalmer-sabaku

わたしこの土地で今一番楽しんでる人間じゃない?ってくらい楽しすぎて、面白おかしくて、爆笑の連続やった。

わたしが心配していた世代のギャップなんてマジでなんにも心配する必要なかった。

みんなめちゃくちゃフレンドリーで無邪気で個性があって、そして何より大人やった。

わたしが一番頼りにならんガキだったんじゃないかと本気で思う。

さぁ!では書いていきます!

出発は午後3時頃と結構遅めやった。

私たちが住むグルガオンからリキシャとメトロでまずオールドデリーへ移動する。

go-to-jaisalmer
オールドデリー駅

そこから寝台列車で17時間の旅。

go-to-jaisalmer

これがもし私一人で17時間だと思うと本当に過酷だったと思う。

でもみんなで旅してると全然つまんなくない。

トランプしたり、恋話したり、おバカトークして疲れたら寝る。

go-to-jaisalmer
たなかさん

それであっとゆう間に17時間経過。

go-to-jaisalmer

ただひとつ、寝台列車の中がめちゃくちゃ寒かった!!!

窓は閉められるんだけど、ボロいからすきま風が入ってくるんです。

しかもその風と一緒に砂漠の砂がやたらと入ってくる!笑

go-to-jaisalmer
しんたろうくん

このインド留学にダウンを持ってこなかったことを本当に後悔した瞬間でした( ノД`)

これからインドに来るみなさんっ!特に北インドに来る場合は防寒具は必須ですよ〜!

あっという間に17時間経過しジャイサルメールに到着です!

go-to-jaisalmer

夕日に照らされた砂漠が金色に輝いて見えるとゆうことからゴールデンシティとも呼ばれるジャイサルメール。

車内から見えた砂漠の色と統一された街並みにいきなりテンションがあがった(゚∀゚)

go-to-jaisalmer

うんこ、くさい、くうき、きたない、ごみ、ぶた、うし、ふんだらけとゆうのはここもあんまり変わらないけどね(笑)もうこの汚さにもいつのまにか慣れたわ。

go-to-jaisalmer

到着してまずシャワーを借りにやってきたここは、ジャイサルメールで日本人女性がスタッフを務めるHOTEL TOKYO PALECEさん。

go-to-jaisalmer
go-to-jaisalmer

ここの屋上レストランから見えるジャイサルメール砦が素晴らしいのだ。

go-to-jaisalmer

シャワーを浴びて楽しくランチを食べて、砂漠キャンプへ出発するための準備をします!

なんか長くなりそうだから今日はここまでにしとこ!

次回は砂漠キャンプの全貌を書きます〜ヽ(´∀`)ノ

go-to-jaisalmer
片思いの恋愛成就を祈る、なおちゃん

(つづく)

About Me

AI
名前や概念に囚われず、ただ在るがままで良いんじゃないかというところに行きつき「名もなき旅」というブログにしました。地球を気ままに旅しながら出逢った経験と培った想い、雑多な社会の中で見つけた揺るぎなきものを中心に、わりと深く丁寧に描き留めてます。「宇宙人・イルカ・小惑星みたいな子」と呼ばれることが多い変な人類です(33)。皆様のハートに何か温かいものが届いたら幸せでごじゃる。メキシコ在住。
Follow :