さようなら、お姉ちゃん

さようなら、お姉ちゃん

さて、困った。

今夜、4人の前から去ると決めたはいいのだが、こんな森の奥からどうやって帰ろか。

goodbye-sister

ナツの彼氏が夜行バスでここまで来たので、とりあえず近くの街まで出れば、メキシコシティに戻るバスはあるはずなんだ。

でも、携帯の電波もつながらないからMAPも機能しないし、いつも車で移動していたので方向感覚さえわからない。

昨晩ご飯を食べた売店のおじいちゃんのところに行ってメキシコシティへの戻り方を聞いてみた。

「この場所にバスは来ない」ということはわかったが、スペイン語なので他の情報は何も聞き出せなかった。

一番近い街から車でここに来たときも決して近くはなかった。

その距離を自力で歩いて行くとなると…(怖)

夜に山を歩くなんて、考えただけで怖い。

一応女だし、、、いや、誰でも夜の山道は怖いだろ。

「今夜ここを去る」なんて、勝手に決断した手前ダサいけど、、、

今夜はこっそり車の中で寝て、朝日が昇るのを待つ事にした。

4人には特に何も告げなかった。

どうせ私の存在は眼中にないんだから、このまま何も伝えず去ろうと思った。

男友達に「車で過ごしたいから鍵貸して」とだけ伝え、ロッジの中で簡単にシャワーを浴び、朝明るくなったらすぐにここを出発できるようにバックパックに荷物を詰めた。

その時、お姉ちゃんがロッジの中に入ってきて、話しかけてきた。

お姉ちゃん
Hey, Lady


「・・・」

もう、私の名前すら忘れたのかな?

お姉ちゃんが私に対し、そんな呼び方をしたのは、長く過ごしてきて初めてだった。

それはまるで、「大人気ない子」と言われているような気がした。

お姉ちゃんの呼びかけに適当に反応し、荷造りをする手を止めることなく、お姉ちゃんが静かに話しかけてくる英語を聞いた。

お姉ちゃん
私たちの旅のスタイルは、ちょっとレイジーだと思うの

お姉ちゃん
そのせいで、あなたがこの数日ストレスがたまってることにも気付いてるわ

うううん、違う。

そんなんじゃないんだよ、お姉ちゃん。

そんな程度のストレスなら、そう感じる前にはっきり言葉に出して伝えてるよ。

私が感じてるのはストレスなんかじゃない。

もっと寂しいもの、もっと孤独なものなの。

でも、その寂しさを超えて、お姉ちゃんがいる側に行けないの。

私は、マリファナを吸わないから。

マリファナを吸ってまで、そっち側の世界に行きたいとは思えないの。

私たちがこの旅の中で目にした絶景も、経験したことも、感じたことも、同じものなのに全然違うものなんだよ。

お姉ちゃんの旅の中に、今、わたしはいない。


・・・今日もマリファナ吸った?だったら話したくない

短くキッパリそう答えると、お姉ちゃんは激しく怒り、吐き捨てるような早口英語で別れを言って部屋を出ていった。

ドアを勢いよく閉める大きな音が部屋の中に響いた。

わたしは、涙が止まらなかった。

だけど、荷造りをやめなかった。

夜中の森、車の中で過ごす一夜はとてつもなく長く、時々怖かった。

goodbye-sister

できればもう、こんなことは人生で二度としたくない。

ずっと晴れていたこの旅なのに、今夜にかぎってなぜか大雨が夜中ずっと降り続き、たまに、誰かに石を投げられているんじゃないかと思えるほど、その大粒の雨音がずっと車体に響いた。

色んなことを考えて心を整理したかったけど、怖さの方が先に出てきてできなかった。

それでも、雨がやんで周囲が明るくなったことで目が覚めた。

そうか、怖くても、いつの間にか寝ちゃったんだ。

時計を見て時間を確認し、まだ朝に変わって間もないことにホッとした。

こんな早朝なら、まだ4人は熟睡している。

そっとロッジに入って車の鍵だけ返し、わたしは静かにこの場を去った。

笑けるぐらい大人気ない行動をしていることは自負してるし、勝手にいなくなるという事に後ろめたい気持ちももちろんあった。

でも、それ以上の清々しい気持ちのほうがより強く感じられた。

早朝、雨上がりの森は、今まで見た中で一番輝いているように思えたから。

goodbye-sister

(つづく)

About Me

AI
名前や概念に囚われず、ただ在るがままで良いんじゃないかというところに行きつき「名もなき旅」というブログにしました。地球を気ままに旅しながら出逢った経験と培った想い、雑多な社会の中で見つけた揺るぎなきものを中心に、わりと深く丁寧に描き留めてます。「宇宙人・イルカ・小惑星みたいな子」と呼ばれることが多い変な人類です(33)。皆様のハートに何か温かいものが届いたら幸せでごじゃる。メキシコ在住。
Follow :

COMMENTS

  • Comments ( 3 )
  • Trackbacks ( 0 )
  1. 頑張りましたね この状況下での一人での行動
    わたしがあいさんならたくさん悩み苦しんだと思います。
    書くのも辛かったのではないですか??
    続きの旅も楽しみにしてます!

  2. なおちゃん、いつもブログ読んでくれてありがとうございます:D
    はい…当時感じたことを本当に痛いぐらい掘り起こして描いたので、カフェで描いてるんですが、涙ボロボロで周りから「あの子大丈夫か?おかしいわ」ときっと思われていたと思います(笑)でもそれが辛いわけでは全然ありませんでした!メキシコのようなここまで深い経験は稀かもしれませんが、続きも楽しみにしてくださいっ。

  3. なぜマリファナが合法化されている国でその人に批判をするのか、逆に意味がわかりませんでした。。これは外国人が、[日本人はクジラを食べる野蛮人]と言っているのと全く同じですね。。。他人の文化に批判的な言葉を言うことの方が人としてちょっとあり得ないと思いました、沢山旅していてもわからないものなんですね。最初は好きだったブログだけど、ちょっと残念です。