京都で一番美味しいカフェ「オオヤコーヒー焙煎所/ KAFE工船」に行ってきた

京都で一番美味しいカフェ「オオヤコーヒー焙煎所/ KAFE工船」に行ってきた

こんにちは、あいあいです!

先日なんですが、本物のコーヒー愛好家しか辿り着けない自家焙煎珈琲の名店があると聞き、京都まで行ってきました。

ooyacoffee-kyoto
鴨川

ちなみ、「京都で一番のコーヒーと言っても過言ではない」と、偉大な先輩(世界で活躍するアーティスト)が自信満々に薦めてくれたんだぁ。

そんなハードル上げて大丈夫かしらぁん、わくわくするなぁ(・∀・)

京都出町柳「KAFE工船(カフェこうせん)」にやってきた

京阪・出町柳駅から鴨川を眺めながら余裕で歩いて来れます。

早速お店の前に着きました!

ooyacoffee-kyoto

いきなり雰囲気あるなぁ、おい。

なんか小学校の階段を思い出す。

ooyacoffee-kyoto

それに、店の外からもう豆を焙煎している香りが漂っている。

ooyacoffee-kyoto

「失礼しま〜す」と営業開始と同時に入ると、本日一番乗りのお客様になってしまいました。

ドカンと座ってるのは、うちのオカンです。失敬

ooyacoffee-kyoto

良い感じにミシッと音を立てる木床に大きな焙煎機。

ooyacoffee-kyoto

店内は珈琲一色のインテリアです。ふわぁ〜良い。素敵。

ooyacoffee-kyoto
ooyacoffee-kyoto

この日は、若い男性スタッフが一人で営業されてました。

ご自身もコーヒーが大好きでここで働くようになったと。

ooyacoffee-kyoto

では早速、ブラックを頂きます。

豆自体の性格を味わいたいので「中ヤキ」でお願いしました。(母は、カフェラテかなんか頼んでました)

ooyacoffee-kyoto

あぁ…もう、使ってる機材が他のカフェとは違いすぎる。

使い尽くされた布のドリッパー、フラスコのようなサーバー。

そして、目の前で鑑賞できる華麗な手際。

ooyacoffee-kyoto

肝心の味なんですけど、もうね、素晴らしかったよ。

ただの珈琲という飲み物が、挿れ方・焙煎・温度・機材でこんなに変わるものかと、感動でした。

人生で一番美味しかったです、間違いなく。

このコーヒーを毎朝味わってから一日を始められるなら、毎日人生頑張れそうな気がする、そんな至高の味でした。

もうこれを比較するための対象物がない。

これが私の精一杯のレポです。お願い、伝わって。

ooyacoffee-kyoto

こちらは、うちのオカンが頼んでたカフェラテ?だったかな。(コーヒーが衝撃すぎて他に目がいかなかった)

ooyacoffee-kyoto

KAFE工船のメニューには、トーストや手作りケーキなんかもあります。

ooyacoffee-kyoto

こちらも、なかなかイケました。

ooyacoffee-kyoto

ちなみに、同じテナントに「KAFE工船」と「オオヤコーヒ焙煎所」が併設されていて、こちらで本日頂いた珈琲豆を購入することも可能です。

ooyacoffee-kyoto

今日私が頂いたコーヒーは、メキシコのチアパス地方の豆だそう。

正直お値段はお高めですが、買う価値あります。

ooyacoffee-kyoto

過去に楽天市場でチアパスの豆を買って飲んでみたことはあるんですけど、、、なんかコクと風味が全然違う。

焙煎でこんなに変わるの?

輸入先の契約農家が違うのかな?楽天で買った豆も美味しかったけど、やっぱ違うんだよ。

以上!KAFE工船&オオヤコーヒ焙煎所のレポでした。

オオヤコーヒ焙煎所(KAFE工船)へのアクセス

わりと夜遅くまで営業していますので、本物のコーヒーを味わいたい方は是非立ち寄ってみてくださいね!

住所〒602-0841
京都府京都市上京区 河原町通
今出川下ル 梶井町448
清和テナントハウス(※お店は2階にあります)
Googleマップを見る
営業時間11:00~21:00
※火曜日定休
公式HPhttps://ooyacoffeeassociees.com/navi/kafekosen/

(おわり)

About Me

AI
名前や概念に囚われず、ただ在るがままで良いんじゃないかというところに行きつき「名もなき旅」というブログにしました。地球を気ままに旅しながら出逢った経験と培った想い、雑多な社会の中で見つけた揺るぎなきものを中心に、わりと深く丁寧に描き留めてます。「宇宙人・イルカ・小惑星みたいな子」と呼ばれる変な人類です(33)。ノーワクチンで渡米後、アリゾナ州に住みながら自由にほのぼの生きています。
Follow :