Page 2

cortez-colorado

熊おじさんとの生活

数年間あちこちを旅してきた経験すべてが、もちろん特別なんだけど。 なんでかな、、、 ここ「コーテズ」で得た経験は、なんかわかんないんだけど、本当に特別で、、、 特別よりも、もっともっとトクベツなものなの。 この時の記憶をこうしてブログに描こうとすると、喉と胸の辺りがキュって痛く熱くもなって、なんだか泣けてきちゃうんだ。...
cortez-Colorado

白と青と光のセカイで

翌朝。 ホコリっぽさが残るソファと毛布にくるまりながら、目が覚めた。 目を開けると、アメリカン・ピット・ブル・テリアのコナー♂が、まさに今から私の顔をベロリと舐めようとせまってきていた。 せまりくるコナー まだ2歳のコナーは本当にヤンチャ盛りで、とにかく24時間遊んでほしくてたまらない。 そして、人間や動...
cortez-Colorado

風呂がトイレが水道がない…だったら作ればいいじゃない

こんにちは、愛です。 どうやら私は、、、 タイトルから全てを悟っていただけるようなド田舎にやってきてしまったようです。 デンバーからここに来る時に乗った飛行機は、まさかの7人乗りの小型機でした。 しかも、私の座席だけ反対向きでした。 なんのギャグですか 離陸して約1時間後、辿り着いた空港がこちら。 アメリカ横断史上、最...
docodemodoor

押入れで見た「どこでもドア」

私は、2LDKの狭い住宅に住む五人家族の末っ子として生まれた。 家の中には鍵付きのドアや厚い壁に囲まれた部屋はなく、薄い障子をスライドして部屋の間取りを作った昭和なレイアウトだった。そんな狭い家に、父、母、長男、次男、私、途中から犬が2匹加わって住んでいたことがいまだに信じられない時がある。 小学校に通い出し、友達の家...
worry-theater

心配劇場の的外れなヒロイン

先日、独り住まいの父の自宅に親戚が遊びにやってきたらしい。 父は未だ68歳だが、癌の後遺症もあって、家の中をゆっくり歩くのがやっとなぐらいの健康状態だ。それでも不満も言わず、マイペースに家でテレビを見ながらお酒とタバコを嗜み、毎日瞑想するかのように生きている。 そんな父は、あまり長く会話したり、誰かと一緒に長時間過ごす...
untraveling-traveler-friday

旅をしていない旅人の金曜午後

三月に入ってからずっと大阪に引きこもっている。もちろん外には行くけど、今はあまり働いてないということもあって、貯金ではなく預金を大切にするために自宅で質素な生活を心がけている。まぁなるべく自炊して自転車に乗るという程度だけど。 パンデミックの最中、ブルネイ共和国から帰ってきたのが2020年3月だったので、もう一年以上海...
junhasegawa-youtube

長谷川潤ちゃんのYoutube開設に涙する

新年あけましておめでとうございます! 2021年は、昨年足止め「された」と思っていた感情の整理を丁寧に行いながら、静かに時を見定め、今ここでできることに愛と精を出す年にしたい。こんな豊富はもちろん通念当たり前のように持っていたんだけど、今年、初夢のあと、地元の小さくて静かな神社に一人でお参りし、牛の石碑に腰掛けて優しい...
isendyou-freepostcard

旅ができない代わりに「絵葉書」を届けることにした(終了しました)

English version Click here. これまで絵葉書を届けた国ブルガリア、韓国、香港、日本 2020年3月、ブルネイ共和国から日本に(半ば強制)帰国しました。 コロナウイルス蔓延による国境封鎖のため、これまでの世界放浪人生に幕が閉じたわけです。 嘘のような時代の変化に、帰国後の自分も心が追いつかない毎...