アメリカ横断に連れていく「大切な相棒」

アメリカ横断に連れていく「大切な相棒」

こんにちは!愛です。

おとつい、予期もしない免許の更新の通知が来てこんなことを思いました。

「これって車でアメリカ横断しろってことか?」

わたし超ペーパードライバーなんですよね。

10年くらい運転してないからほぼ無免許に近い。

でもアメリカ行く前に免許更新センターに行かなあかんねやったら、ついでに国際免許も取ってペーパー講習受けようかな。

アメリカへ出発するのは11月4日になりました!

航空券取っちゃったよ!マイルが貯まってたから8,000円だけでアメリカ行きの片道切符買えました!

マイルを貯めはじめたのは4年前からやったかなぁ。

どこのマイルを貯めようか考えて考えて、わたしは将来絶対アメリカに行ってるやろなって漠然と思ってたから、デルタ航空のマイルを貯めることにしたんだけど、今本当に実現しちゃってるから不思議な感じ。

そして「アメリカのこの都市に行く!」とかじゃなく「横断する!」という自分の派手なチョイスもおもしろい。

ちゃんと横断できるのかもわからんのに(笑)

だってなんのプランも考えてないもんヾ(・∀・)ノ

とりあえずスタートはサンフランシスコから!

そこから具体的なルートは決まってないけど「行きたい」って感じるところを現地で探索しながら気ままに移動していきたい。

今回サンフランシスコへ行くためにロスを経由するんやけど、わたしロスに行きたい理由がなんも見つからんねんな。

ロサンゼルスって高級な雰囲気とハリウッドと海の匂いもするんやけど、私の大好きな海ってもっと野生な海なんだなぁ。

ビーチで寝っ転がって日焼けして写真撮ってイエイとか結構苦手(笑)

ビーチ無視!
海ドボーン!
ひたすら泳ぐ!
バラクーダ(魚)!

とか、人の少ないビーチで夕焼けにしっぽりしながら本格的な写真を撮って黄昏るみたいなの求めてる。

こんな単細胞な感じで他の誰でもない私の横断ルートを作っていこうと思ってます。

帰国日は未定、お金がなくなってどうしようもなくなったら帰ってきます。

さて、アメリカ横断に向けて一番悩んだことがありました。

私を3ヶ月も悩ませたことは、スーツケースかバックパックどっちで行くかということ。

それぞれを持って旅してる自分を想像しながら、良い場面としんどい場面を思い浮かべてどっちを相棒にすべきか超考えた。

スーツケースやったら今何個か持ってるから買い足さなくていいし、お土産もいっぱい買えるし、背負わなくていいから移動が楽チン!鍵をかけられるからセキュリティ面でも安心かもしれない。

参考に色んな旅人さんのブログを読んでたらこれは旅人にとって究極の選択のようだ。

最終的にガラガラ付きのスーツケースにしたハイブリッド旅人もおったり(笑)

そんな先人たちの意見を読み漁ってると、こんな偉大な言葉に出逢った。

どっちがいいかは問題ではない。
荷物を減らすのが一番いい。

私が勝手に敬愛している りのさんのブログより

ごもっともだ!Σ(゚Д゚)

そして最終的に私が選んだのは、、、

ドイター AIRCONTACT 60+10SL

deuter AIRCONTACT 60+10SL
サイズ参考のために左に28Lパックを並べました

バックパックは常に一緒にいる相棒になるから実店舗に足を運んで背負って決めるべし!とゆう旅人さんに共感を受け、私もちゃんと店に行って背負って決めました。

prepar-to-america

詳しい店員さんを捕まえあれよこれよと質問し、結局自分の条件にあう商品は意外と少なくって、紹介されたバックパックは5個くらいやった。

その中から一番最初に目についた水色の子をやっぱり最後選んでましたね (´・ω・) HITOMEBORE

わたしのバックペックに対する条件は、
・レインカバーが内蔵されている
・サイズは60L
・なるべく軽く感じるもの
・なるべく生地が丈夫なもの
・見た目がおしゃれなやつ

特にレインカバー内蔵ってのは便利!バックパックを航空会社に預けたとき、紐が運搬レーンに絡まってカバンごと紛失されることが世界では多々あるみたいです。

でも預ける前に、レインカバーで紐を収納しておけば紛失は防げるというベテラン旅人の知恵をお借りしました。

60Lを選んだ理由はやっぱり旅の途中に欲しいと思ったものを買いたいから。

だから今回は60L+10Lとゆう大きめのバックパックを選んでみた!

created by Rinker
deuter(ドイター)
¥24,980 (2021/10/23 00:47:19時点 Amazon調べ-詳細)

店員さん曰く、荷物の収納方法をちゃんと工夫すれば、容量に対してスカスカの状態でも重さを感じにくくなるとのことですが、普段の荷物の量にぴったりのサイズを選ぶのがベストだそうです。

わたしは60L+10Lのサイズに対してなるべくスカスカの状態で旅を始めて、服とか生活用品は現地で調達しながらパンパンにしていこうと思ってます。

そして言い忘れてましたが、この相棒に名前をつけました!

命名:レオナルド

deuter AIRCONTACT 60+10SL

よろしくね!レオナルド!頼りにしてるよ。

こんな感じで長く悩んだ一番大きな問題が解決!

あと靴も買った!旅人界では定番のこの子!

KEEN ニューポート H2 (Raya Black)

keen-airport

暑いところ、寒いところ、海、陸と多分いろんな場所へ旅すると思うので水陸両用シューズは欠かせません!

KEENのサンダルは、底がトレッキングシューズ並に分厚くてしっかりしていて防水!頑丈なつま先も付いてるから靴下を履けばれっきとした運動靴になります。

アメリカのブランドなのに何故かサイズが小さめなので、買う時はワンサイズ大きいものを選んだほうがいいです!分厚い靴下を履くとさらにきつくなるので、私はなんと2サイズ大きめを選びました(普段24.5cmだけど25.5cmを買いました)

新しい相棒達からなんか人間みたいな雰囲気を感じるわぁ。

大切にするから、わたしのことも大切にしてね。

わくわく、どんな旅になるのかな。

(おわり)

About Me

AI
名前や概念に囚われず、ただ在るがままで良いんじゃないかというところに行きつき「名もなき旅」というブログにしました。地球を気ままに旅しながら出逢った経験と培った想い、雑多な社会の中で見つけた揺るぎなきものを中心に、わりと深く丁寧に描き留めてます。「宇宙人・イルカ・小惑星みたいな子」と呼ばれることが多い変な人類です(33)。皆様のハートに何か温かいものが届いたら幸せでごじゃる。メキシコ在住。
Follow :