Airpodsより「SONY WI-1000XM2」を買うべき!ノイズキャンセリングワイヤレスイヤホンの選び方

Airpodsより「SONY WI-1000XM2」を買うべき!ノイズキャンセリングワイヤレスイヤホンの選び方

こんにちは!

ノイズキャンセルには五月蠅いあいあいです(・∀・)

sony-wi-1000xm2

っていうのは結構ガチな話で私は、一人の移動時間って一番心を整理するのに最適な時間だと思っているのね。

通勤の電車、夜行バス、長時間の飛行機、、、

移動時間が長ければ長いほど、瞑想に近い意味で自分だけの世」に入りたいから、周囲の雑音をカットしてくれるノイキャン機能は移動が多い私の生活スタイルにはマストなんです。

もちろん、カフェとかで作業するときも役立つしね!

高性能なノイズキャンセルを求めるなら「BOSE」か「SONY」

ノイキャン対応イヤホンって選びきれないほど販売されてるけど、結局どれがいいんだろう?

こう悩まれている人に、私がアドバイスするなら必ずこう言います。

BOSEかSONYのどちらかを購入しておけば絶対後悔しません。

大きな理由の1つは、将来的に要らなくなっても需要が圧倒的に高いので売却できるからです。

状態が良ければ一年以上使用したとしても半額以上で売れます。

ちなみに、下記は私がこれまで使ってきたノイズキャンセルの履歴です。

Bose QuietComfort35イヤーマフやヘッドが剥げてボロボロになったため売却(それでも1万円以上で売れた)
Bose Noise Cancelling Headphones 700今も愛用中!夏は蒸れて汗を書くため秋冬のみ使用
SONY WI-1000X夏用に購入したが携帯性がいまいちだったため売却
Apple AirPods Pro耳がかゆくなり、何度も落としそうになったため売却
SONY WI-1000XM2夏用に最近購入&今も愛用中!

全て新品購入→メルカリ売却を繰り返してきたので、使用期間を考慮すると損をせずに乗り換えてこれました。

ヘッドフォン型は蒸れるため夏場使えない!

私が初めて使ったノイキャンヘッドフォンは、Bose QuietComfort35なのですが、春〜夏にかけては暑すぎて装着できないというデメリットがありました。

冬はイヤーマフのように防寒具として使えてちょうど一石二鳥だったのですが、3月の春先になってくると既にもう暑くて不快になるのが唯一のデメリットでした。

created by Rinker
BOSE(ボーズ)
¥25,700 (2021/11/28 08:09:25時点 Amazon調べ-詳細)

ノイズキャンセルの性能が良い分、密着性がすごくて耳汗を大量にかくため水濡れ故障の原因にもなりかねません。

ということで夏用にと改めて購入したのが、SONY WI-1000Xというネックバンド型イヤホンでした。

個人的に、SONYの音質はBOSEよりもクオリティが高かった!

ライブ会場にいるようなイコライザーの調整も細かく設定できて、音質に臨場感があります。

ただ、デメリットとしては収納性がとても悪かった。

ネックバンド部を折りたたんでカバンに入れることができなかったので、バックパックひとつで旅していると収納面で結構しんどい場面が多かったんです(泣)

AirPodsを装着すると耳がかゆくなった

ってことで、今度は「収納性」「携帯性」を重視していたところでタイミング良く発売された、Apple AirPods Proを購入してみました。

created by Rinker
Apple(アップル)
¥27,384 (2021/11/28 08:09:26時点 Amazon調べ-詳細)

イヤホンの形が耳に合うかどうかを店頭で確かめてから冷静に購入し、早速使い始めると、、、

急に、耳がめちゃくちゃかゆくなったのです!

調べてみると私と同じく「AirPodsで耳がかゆくなる!」となる声がネット上で多く見られました。

どうやらAiPodsに使ってるイヤホンゴムの問題らしいです。

それ以外にも、完全ワイヤレス方のイヤホンは何度も落として紛失しそうになりますね

髪を掻き上げるときにイヤホンが一緒に絡まって落ちてしまうし、少し走ると耳から外れるし、電車で寝て起きたら耳から外れてたりと、何度も失くしそうになったので、AirPodsは家やカフェなど屋内だけで使用していました。

だけど耳がかゆくなる症状が改善されなかったのでメルカリで出品してみたら、なんと25,000円で売却できたのです!

従来モデルから大進化!「SONY WI-1000XM2」がノイズキャンセル最高峰

そんなこんなで多数のノイズキャンセリングイヤホンを乗り換えてきて、ようやく見つけたマイベストがこちら!

SONY WI-1000XM2 ワイヤレスノイズキャンセルヘッドセット!

定価は38,500円ですが、わたしが楽天市場で定価以下&ポイント10%還元で購入しました!

AMAZONでも最近は大幅に定価割れしてますので、電化製品はできるだけ通販でお得に買ってくださいね。

携帯性抜群!SONY WI-1000XM2のサイズ感

まず箱を開けてびっくりしたのがサイズ感!なんと、前作WI-1000Xの半分になってました!

メガネケースぐらいのサイズ感なので、バックパッカーでもある私にとってはめちゃくちゃ嬉しい大進化でした。

sony-wi-1000xm2
カッターナイフと比較

それにこの伸縮性!シリコン製の柔らかいネックバンドで超軽い

sony-wi-1000xm2

これだと長時間首にかけてても違和感ないよ!

さらに、SONYさんのノイキャンイヤホンには、このようなイヤーピースセットが付属で付いているので自分の耳に合わせて細かい調整ができるんです!

sony-wi-1000xm2-4

左右の耳穴サイズって微妙に違うかったりするからこれは超嬉しいポイントです。

イヤーピースが耳にちゃんと合ってるってことがノイズキャンセルの快適さに超関わってくるからね!

もちろん、飛行機用のアダプターと有線ヘッドケーブルも付属してます。

しかも今回から充電がUSB Type-Cになっていました!スマホと一緒だからありがたい!

sony-wi-1000xm2-4

10分の充電で80分間ノイズキャンセル再生が可能!

完全ワイヤレスイヤホンで気になるのが、充電のスタミナですよね。

WI-1000XM2ノイキャンONで最大10時間連続再生できちゃうので、日本からアメリカに着く頃には充電してあげてね(笑)でも、アジア圏への旅なら全然問題ないよ(・∀・)

ちなみに、ノイキャンOFFだと最大15時間連続再生可能です。

しかもたった10分充電するだけで80分間ノイキャン再生可能なので、充電切れはほとんど気にしなくていいんじゃないでしょうか。

sony-wi-1000xm2-4

ボタンの操作性も大改善されたが、少し残念感も…

そうそう、前使ってたWI-1000Xは操作ボタンがネックバンド部分にあってボタンが硬くて操作しにくかった印象がありましたが、今回はイヤホンケーブルにリモコンが移動しました

sony-wi-1000xm2-4
音量/楽曲変更/ノイズキャンセルを操作できる

ボタン同志の間隔が狭いので「音楽スキップ」と「停止」の操作がよく混乱するけど、慣れれば大丈夫です。

あと、WI-1000XM2には周囲の環境を自動察知してノイズキャンセリングの強さを調整してくれる「NCオプティマイザー」っていう機能も付いていて、Cボタンの長押しだけでコントロールできます!

このモードをONにしておけば、乗り物に乗ってるときは自動的にノイズを遮断し、歩きはじめると外の音がちゃんと聞こえるようになるから、イヤホン付けながらでも生活しやすくなるよね!

環境によってノイズキャンセリングを再設定するのがめんどくさい人は、NCオプティマイザーに任せておくのもありだね!

もちろんイコライザーもアプリからカスタマイズ可能だから、しっとり系・バズ系・ライブ系まで自分の好きな音質で聴くことができるよ

SONYの音質はもう世界が保証済みだからね!

結論:ノイズキャンセルは「SONY WI-1000XM2」がベスト

という感じで、今回紹介したSONY WI-1000XM2は、機能性・操作性・携帯性の全てにおいて現在、日本で最も優れたノイズキャンセルイヤホンだと思うのが私の率直な感想であります!

sony-wi-1000xm2-4
ケースへの収納も楽々
  • AirPods Proが耳にあわない&無くしそうで怖い!
  • ヘッドフォンは夏場暑くて使えない!
  • とにかく音質の良いノイキャンイヤホンが欲しい!

こういった悩みが全て改善される、ノイズキャンセルの神様ですね!

sony-wi-1000xm2-4
ケースにはストラップも付いてる

明日、飛行機に乗るので早速連れて行こうとおもいまーす!

ノイズキャンセリングイヤホンの購入を検討されている方に、わたしが100%自信を持っておすすめできるハイエンドモデルだよ!

(おわり)

About Me

AI
名前や概念に囚われず、ただ在るがままで良いんじゃないかというところに行きつき「名もなき旅」というブログにしました。地球を気ままに旅しながら出逢った経験と培った想い、雑多な社会の中で見つけた揺るぎなきものを中心に、わりと深く丁寧に描き留めてます。「宇宙人・イルカ・小惑星みたいな子」と呼ばれる変な人類です(33)。ノーワクチンで渡米後、アリゾナ州に住みながら自由にほのぼの生きています。
Follow :