1杯10万円!世界一高いコーヒーを飲んだらエロくなった!大阪八尾市の高級喫茶「ミュンヒ」を取材

1杯10万円!世界一高いコーヒーを飲んだらエロくなった!大阪八尾市の高級喫茶「ミュンヒ」を取材

どわ〜!また地元大阪にぶっとんだ店見つけてもうた〜!

しかも今住んでるところから割と近くにあるってことで、アポなしで突撃したお店の名前は「ミュンヒ」さん!

コーヒー好きなら知る人ぞ知る、コーヒーしかない専門店ですが、超ど変態なお店です!

一番安いコーヒーが、1,100円〜!
一番高いコーヒーが、100,000円!

ゼロの数間違えてませんよ!10万円(じゅうまんえん)です!

一杯10万円のコーヒーを提供することで有名なミュンヒさんは日本他府県からのお客さんだけに止まらず、海外からもたくさんお客さんが足を運ばれるお店。

コーヒーは世界共通の嗜好品ですからね!

浮世離れしたミュンヒのコーヒーを味わってみたい!と海外の有名なYoutuberも来店してます。

昨年(2019年)には、アラブ首長国連邦の皇室の方がお仕事の帰りに立ち寄られたのだとか!

もちろん10万円のコーヒーを躊躇せず注文され、大満足して帰られたそうな。

こんな「嘘みたいな実話」を多数その人生に刻みながら、熟成しまくりの変態コーヒー屋を経営する田中完枝(たなかかんじ)さんに、色々伺ってきました!

可愛くてお茶目な田中さん

ミュンヒの変態ポイント1:毎日22時間営業

お店に到着するとドアの札が「CLOSE」となっていたので、一瞬ガビーん!ってなったのですが、灯りがついていたし、鍵も開いていたので思い切って中に入ってみました。


すみませ〜ん!

狭いレトロな店内に人影はなかったのだが、テレビが付けっぱなしだったので、もしかしたら奥の部屋かどこかにいるかもしれないと思い叫び続けた。


す〜み〜ま〜せ〜ん〜!!!

田中さん
「はいはい」


「あー!いたー!店やってますか?!表のプレートが「CLOSE」になってたので」

田中さん
「やってるよ!ああ、風でプレートひっくり返ったんやね」

高価な食器が並ぶカウンター

田中さん
「ほな、まぁ、こっち座って。今から店の説明するからね」

カウンターの奥からマイペースに登場した店主の田中さんは、Google MAPのレビューでも「マスターの味が濃い」と書かれていた理由が第一印象でわかってしまう、独特の雰囲気をしていた。

ミュンヒの変態ポイント2:高級コーヒーへのこだわりを永遠と説明してくれる

入店していきなり「説明会」になるのがミュンヒの特徴。

ってゆうのも、普通の喫茶店だと思って入ったお客さんに、何も説明をせずにコーヒーを提供すると、お会計の時に「ぼったくり!」とクレームになる事があるそうだ。

決して都会ではない場所にひっそりと質素に経営されているお店なので、ミュンヒさんのコンセプトを知らないまま入店して、金額聞いちゃうとそりゃ驚くよね!Σ(゚Д゚;)

田中さん
「はいこれ、今日は特別サービスで普段は400円するステッカーとテレビ取材されたときのDVDと昔のプロマイドもあげる

めっちゃカッコよくない?


「え!これ、マスター!?めっちゃ男前やん!でも今も面影あるね!」

田中さん
「前にメルカリで出品してる人がいてな。俺が死んだらもっと値打ちつくからそれからにしぃや」


「保管しときます!!!」

田中さんの会話には「遠慮」もなければ「退屈」もない。

オチが全ての大阪人を納得させる会話術をちゃんと極めていて、さらに80年間の人生で培ったコントラストの強い逸話には終わりがない。

田中さん
「さぁ、コーヒーの話ね。時間と予算があるなら2種類を飲み比べてみるといいよ」

田中さん
1つは予め作ってあるコーヒーで1,100円。もう1つは、今から50分かけて抽出するブルマンコーヒーで値段は3,400円。目の前で時間かけて抽出していく。これはめちゃくちゃ美味しい!すごいよ!びっくりする!間違いない

メニューを見ながら細かく説明してくれる


「じゃあおすすめのそれで!せっかく来たので、目の前でドリップするところ見たい!」

でも、マスター自らハードル上がてきたけど、大丈夫なんかな。。。

ミュンヒの変態ポイント3:妥協のない営業スタイル

わたしが訪れたこの日は、珍しく地元の人、常連さん、噂を聞いてやってきた一元さんが来店され、マスターさん曰く「珍しい光景だ!」とのことだった。

さっきまでわたしの目の前で行っていた50分かけて抽出するコーヒーの準備をいったん置いて、マスターは他のお客さんが注文した1,100円のお手軽コーヒーの準備を進めた。

急な来客で忙しくなっても、長年一人でこうして経営してきたマスターから「焦り」や「混乱」は微塵も生まれてない。

流れるように全員のお客さんと良い距離感を保ちながら、お店と珈琲のこだわりを人生に絡めて惜しみなく表現されている。

まるで、このお店は劇場のようだと思えるほどだった。

「時間がかかるなら持っている本でもゆっくり読もう」なんてことは、このお店では一切できない。

入店した瞬間から、ミュンヒのアトラクションは始まっている。

喫茶店なのに、ゆっくり落ち着ける場所ではないことを深く感じた。

10分ぐらいして、マスターがわたしの席に戻ってきて、ドリップの準備を再開した。

この150gの豆をすべて使って、惜しみなくコーヒーの滴(しずく)を抽出していく。

田中さん
「コーヒーはよく飲みに行くの?どっか美味しいとこあった?」


「うん!めっちゃ好き!毎朝飲むし、色んなカフェも行く!最近一番美味しいって感動したのは、京都のカフェ工船かな!」

田中さん
「あそこは有名やな!行ったことあるけど、俺けっこうテレビとか雑誌で知られてしまってるから、あちこち(コーヒー)飲みあるくと店の人に嫌がれるんだよね。この業界では異質なことしてもうてるから」


「確かに!一杯10万円とかドリップに50分とか、もはやコーヒーの向こう側行ってますもんね。土俵が違うから比べるもんでもないと思うけど」

田中さん
「でも、やっぱりジャンルとしてはカフェに分類されるから、嫌がる人は嫌がりはるんよ。食べログの口コミとかも、うちみたいな店が上位にあると他が成り立たんのか勝手に消されていくしな」


「あー、あのへんのランキングはわたしもあんま信用してないです」

意外なことに、田中さんは「レビュー」などWEBの口コミをすごく気にして、来店されたお客さんには「また応援したってな!口コミよろしくな!」っと欠かさず伝えている。

もちろん私も終始お願いされましたが、情に負けて正直でない感想は書きたくないのでこう伝えました。

飲んでから決める。

ミュンヒの変態ポイント4:味わうより覚醒するコーヒー

さて!本当に抽出されるまで50分ほどかかりました(笑)

でも、マスター劇場がずっと目の前にあるから、退屈することは全然なかった。

ずっと待ってた

もうね、粉の量が多すぎて全然落ちてこないの!

30分ぐらい経って、ようやく初めての一滴が出てきた瞬間に感動したわ!笑)

田中さん
「めっちゃ甘いで〜!美味しすぎて飲んだらびっくりするで!これ飲んだらみんな幸せなるしな


「そうなん!?なんで〜?」

田中さん
「だって俺が幸せやからやん!幸せな俺が時間かけて挿れたコーヒーには『幸せ』が詰まってる!そやろ!?」

田中さん
「それに、こんなに時間もお金もかけて提供するコーヒーが美味しくなかったらあかんやろ〜!お客さん怒って帰らせてまうだけやん!」

ようやくドリップされたコーヒーがカップに溜まってきたところで、さらにハードルあげたけど、ほんまに大丈夫なんかな?!

ちゃんと味見するマスター

でも、わたしの周りにいたお客さんはみんな声を揃えて「美味しい!」と絶賛していたのが事実。

さぁ。では。行きましょか。

150gの豆を使って
50分かけて抽出した
一杯3,400円のコーヒーです

味が濃いのは想像できるけど、香りはそこまで深くはない。

もう、飲まないとわからんやつや。


「よし!行きます!」


(グビッ)


「?!?!?!?!?!?」

えぇぇぇ!覚醒する!!!(@Д@)!!!

ちょ、待って。

急にめっちゃハイになって、全神経が鳥肌たってる今!

これはもはや、コーヒーじゃなく、覚醒剤やん?!

衝撃すぎた。

「美味しい珈琲」を脳内に沸かせる素材はどこにもなくって、先に覚醒が来てしまった。

これを「美味しいコーヒ」「味わい深いコーヒー」と表せる人は、かなりの強者かもしれない。

わたしには本間に覚醒剤にしか思われへんかった!

ただ、体に悪くないってことはわかるけど、同時に飲んだ衝撃への疲労感も半端ない。

常連さん
ミュンヒのコーヒーは、ジェットコースターだよ!

わたし横に座ってた常連さんが、私のリアクションを一部始終見てそう言った。

いや、間違いない。これは「飲料」ではなく「経験」だ。

この常連さんは、この覚醒コーヒーをとずっと「美味しい」言いながら飲んでいた強者だ。


マスター、わたしもう飲まれへん!これ飲んだらなんか今晩おかしくなる気がする!

田中さん
ああ、そういう興奮剤的な効果を感じる人もたまにおるね(笑)お姉ちゃんには、ちょっとキツかったかなぁ


もうこれ以上飲んだら今すぐ変になりそう!せっかく淹れてもらったけど、わたしには『美味しい!』とは言われへん!ごめん!でも経験できてよかった!

田中さん
「ええよ!世界でここしか飲まれへんコーヒーを俺が生きてる間に1回は飲みにきてほしい!だから、また応援したってな!いま80歳やけど、あと30年は頑張るから!この覚醒コーヒーのおかげでこんなに元気で幸せやし!」

ミュンヒの変態ポイント5:時間の概念をなくした人生

ここまで濃いコーヒーではないが、毎日20杯ものコーヒーと高野豆腐をトマトジュースで煮た物を毎日の主食とするマスターは、本当に110歳まであっさり生きられそうだ。

自慢で大好きなバイクにもしょっちゅう乗っているので「寿命よりも交通事故で死ぬ確率の方が高いわ!」と笑ってた。

マスターがほぼ24時間営業&休みなしで、こんなに変態コーヒーを時間をかけて提供し続ける理由は、時間の概念を取っ払った「詩人」としての生き方にあるのかもしれない。

そう、マスターは詩人でもあるのだ。

もらった

こういった変態な世界観は、わたしもめちゃくちゃ持っているのでマスターのポエムに表現された気持ちやロマンスは痛いほど理解できる。

「時間の概念」を取っ払った先に見える「宇宙で生きる素晴らしさ」へ触れた瞬間は、わたしも何度も経験している。

ただ、マスターはその「時間の概念」をくつがえしたモノを、コーヒーで表現しながら常人離れしたやり方で生きている。

80歳、ほぼ24時間営業、休みなし。

コーヒーの値段や味をどうこう言う前に、まずそこに触れなくてはいけない気がした。

大阪八尾市の高級喫茶「THE MUNCH(ミュンヒ)へのアクセス

田中さん
「幸せな俺が、時間かけて挿れたコーヒーには「幸せ」が詰まってる!そう信じてる!」

カフェではなく、劇場。飲料ではなく、アトラクション。

わたしが、世界一高いコーヒー屋さん「ミュンヒ」に訪れた「経験」はこんな感じでした。

80歳のマスターが生きている間にしか体験できない「覚醒コーヒー」を、次はあなたが経験しに行ってくださいね!

住所〒581-0015
大阪府八尾市刑部2丁目386
Googleマップを見る
営業時間6:00~翌3:30

(おわり)

About Me

AI
名前や概念に囚われず、ただ在るがままで良いんじゃないかというところに行きつき「名もなき旅」というブログにしました。地球を気ままに旅しながら出逢った経験と培った想い、雑多な社会の中で見つけた揺るぎなきものを中心に、わりと深く丁寧に描き留めてます。「宇宙人・イルカ・小惑星みたいな子」と呼ばれる変な人類です(33)。ノーワクチンで渡米後、アリゾナ州に住みながら自由にほのぼの生きています。
Follow :