GAFAにどうしても潜入したいんだ!

GAFAにどうしても潜入したいんだ!

私がサンフランシスコに来た最大の目的はシリコンバレーの巨大IT企業を訪問するためでした。

そもそも私がシリコンバレーに興味を持った理由は、インドに行く前に偶然出逢ったことから仲良くさせて頂いている、日本一のプログラマーさんの影響が大きいです。

28歳の頃に愛犬のレオちゃんを見送ってから、今後どうやって生きて行こうかと悩んで国内を旅をしているときに東京で出逢ったプログラマーのSさん。

Sさんの紹介は、このアメリカ横断ブログを全て描き終えた頃にちゃんと説明しようと思うが、、、GAFAやNASAに出入りする天才日本人プログラマーだ。

Sさん
「俺も今の年収じゃだめだと思って28歳から3年間猛勉強して転職したからね!今からでも全然遅くないよ!あと英語も必須だね!

前職でWEBを少しかじっていたとはいえ、プログラミングなんて宇宙人がやるものだと思ってた私に、SさんはIT業界を目指すことに背中を押してくれた。

だけど、4ヶ月間みっちりプログラミングを勉強してみて「わたしには絶対向いてない!ってか楽しくない!デザインの方がいい」ということにはっきり気付き、私は結局エンジニアの道に進まなかった。

だけどプログラミングの概念が少しでも理解できたから無駄なことではなかったし、IT革命には今だって常に興味がある。

だから、世界最大のIT都市シリコンバレーへの憧れや興味が消えることはなかった。

でもシリコンバレーのIT企業に潜入するためには、ここで働いている人のアポがない駄目なんです。

この扉を開けるには、ここで働いている人のIDカードが必要なんです。

visit-siliconvalley

もちろん厚かましいのは承知の上で、Sさんにも相談しましたが、、、

Sさん
「もう知り合いやめちゃったんだよね〜;お役に立てずごめんよ」


「ガーン!そうですか(泣)」


「Sさん、例えオフィスの中に入れなくてもシリコンバレーに行く価値はありますか?」

Sさん
「うん行ったほうがいいね、あれがあそこの凄さだから」

ーーーあれがあそこの凄さだから。

visit-siliconvalley

シリコンバレーの空気は、本当に「すごい」なんてもんじゃなかった。

visit-siliconvalley

会社でもなく、ドームでもなく、もう街だった。

visit-siliconvalley

圧倒的な雰囲気と広大さに、スティーブ・ジョブズやマークザッカーバーグがどれだけ偉大かとゆう意味を肌と心の奥から感じることができた。

日本とはもう桁が違う。

visit-siliconvalley

・・・・・。

やっぱり街を見るだけじゃなく、

オフィスの外を歩くだけじゃなく、、、

私は世界最大のIT企業のオフィスに潜入したい!!!

そう強く願っていると、翌日奇跡が起きました。

visit-siliconvalley

(つづく)

About Me

AI
名前や概念に囚われず、ただ在るがままで良いんじゃないかというところに行きつき「名もなき旅」というブログにしました。地球を気ままに旅しながら出逢った経験と培った想い、雑多な社会の中で見つけた揺るぎなきものを中心に、わりと深く丁寧に描き留めてます。自己紹介ページは特に設けてませんが「宇宙人・イルカ・小惑星みたいな子」と呼ばれることが多い人間です。皆様のハートに何か温かいものが届いたら幸せでごじゃる。
Follow :